ワードプレステーマ「スワロー」はブロガーにオススメ?人気のストークとの違い

ワードプレステーマ「スワロー」はオススメ?ストークとの違い等を今回は紹介します。

ワードプレステーマ「SWALLOW(スワロー)」が、2018年1月17日にOPENCAGEから発売されましたね。

 

ワードプレステーマで人気どころと言えば「STORK(ストーク)」ですが、どちらのワードプレステーマを使用すべきか、

 

また既にストークを使っている人は、これからスワローに変更すべきかなど 迷う点が色々あると思います。

 

そこで今回は「スワロー」を使うメリット・デメリットをお伝えしていきますね。購入を検討している方は、その前にぜひご一読ください。

 

テーマを入れたい方はこちらから確認

WordPressテーマ「スワロー」

 

「スワロー」は洗練を極めた「シンプル版“ストーク”」

「スワロー」と「ストーク」のデザインは、一見見分けがつかない人も居るほど似ています。この時点で「スワロー」の土台となっているのが「ストーク」であることは一目瞭然でしょう。

 

前述の通り「ストーク」は人気のあるワードプレステーマですから、それを参考に作るのは間違いではありません。でも、その上で「スワロー」は、どこが「ストーク」と違うのか?

 

そして、どの点に於いて「スワロー」は優れているのか?

 

これが大きな疑問点になってくるでしょう。結論から言ってしまうと、「スワロー」は「洗練されたストーク」なのです。

 

僕のブログはストークをうまくつかわさせていただいています。

こんな感じで見えます!!

 

公式サイトの説明でも「無駄な機能やデザインを削ぎ落とした」と表現されています。つまり「ストーク」を磨き上げ、洗練されたものにしたのが「スワロー」なのです!

 

 

では、ここからは「スワロー」と「ストーク」を比較した時、「スワロー」のどこがオススメか…について触れていきましょう。

 

ブログを書きたい方はこちらから確認

ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」

 

「スワロー」が「ストーク」よりオススメな点

「記事を読むことに集中させる」構造のデザイン

「スワロー」では、投稿ページは1カラムで構成されています。カテゴリーページ等は2カラムで、

 

PCでのメインカラムの幅が「ストーク」より広く、そしてサイドバーは狭くなっています。

また、投稿ページは設定することで、サイドバーの無いデザインにすることも可能。その他の大きな変更点としては、追尾するタイプのサイドバーが無くなったこと…でしょうか。

 

これらの点を使いやすいと感じるか、不便と感じるかは意見の分かれるところだとは思いますが、このようなデザインの構造には「読み手を記事の内容に集中させる」効果が期待できます!

 

ボリュームや濃密さのある記事が書けているなら、1カラムのデザインを使って、それこそ「記事だけを読むことに集中させる」という手も大いにありだと思うのです。

 

他の記事への誘導は文章内のリンクで充分でしょう(ブログを書く際の基本ではありますが、記事から記事へ、より多くリンクを貼ることで、より多くビュー数を得ることは大切なので…)。

 

「ランディングページ機能」でアクセス数の増加や収益を狙える

自分のサービスを持っている人や、ブログによって収入を得たい人・所謂「アフィリエイト」を使うアフィリエイターさんなどはランディングページのアクセス数を気にするところと思います…が。

 

この「ランディングページ機能」が付いているテーマ自体が、実は少ないのです。

 

しかし「ストーク」にも、ランディングページ機能は付いています。それが「スワロー」では、どう変わったのか?

 

今度はそこにフォーカスを当てていきます。

 

過去に発売された「ストーク」等のランディングページ機能付きのテーマでは、ワードプレスの拡張機能「カスタム投稿タイプ」というものを使って、

 

管理画面の中に「ランディングページ」という項目を追加しなくてはなりませんでした。ですが「スワロー」では

固定ページをランディングページにする」という方法を取ることが出来るようになっているのです!

 

固定ページを使ったランディングページの作り方

では、ここで具体的な「固定ページを使ったランディングページの作り方」をご紹介しましょう。

1.「固定ページ→新規追加」で、固定ページを作る

2.本文編集画面の「固定ページの属性」の「テンプレート」という項目から「ランディングページ」を選ぶ

3.「公開」ボタンを押す!

 

 

これだけでランディングページが簡単に出来上がりますよ。ただし、ひとつ注意点があります。「スワロー」のランディングページでは、ページタイトルが表示されないのです。

 

意図的にページタイトルを表示したい場合は、本文中に手動で「見出し1(=H1タグ)」を挿入していただければ。

 

ランディングページを作るのメリット

ちなみにランディングページを固定ページから作ることには、さまざまなメリットがあります! 具体的には、下記のようなものです。

 

◆「ホームページ設定」で、ランディングページをトップページとして使用出来る

◆ランディングページをスライドショーの中に追加出来る

◆カスタム投稿を利用したランディングページと違って、テーマを変更してもページが残存する

 

この機能、自分の目的と合致さえすれば、使わない手は無いのではないでしょうか??

 

そろそろ詳しく見たくなった方はこちら

WordPressテーマ「スワロー」

 

ハンバーガーメニューがPC/スマホ両方に対応している

ハンバーガーメニュー」と言うと耳慣れない言葉かもしれませんが、これは通常のWebサイトやブログでもよく見かける「横三本線マークのメニューボタン」のこと。

 

「ストーク」では、この「ハンバーガーメニュー」はスマホにしか対応していませんでしたが、新しい「スワロー」ではPC版・スマホ版両方にハンバーガーメニューを表示可能です!

 

メニューの内容はウィジェットから変更出来ます。メニューの内容で、特にオススメしたいのはカテゴリーや検索フォーム等ですが、

 

自分の工夫次第で思い通りにメニューをカスタマイズ出来るのも、自分のブログの個性や特性を打ち出せる「強み」と言って良いでしょう。

 

「スワロー」は「ストーク」より価格設定が安い

次に「スワロー」と「ストーク」の価格を比較したいと思いますが、

「ストーク」が10,800円であるのに対し

「スワロー」は9,900円と多少ながら安めのお値段となっています。

 

これは初めに述べたように「スワロー」が「ストーク」から無駄を削ぎ落としたワードプレステーマであるためです。値段が安くなるのは必然でしょう。

 

集客に使えるのはSEOだけじゃない!「フォローボックス」機能で安定の集客を

2017年12月、Googleで「健康アップデート」と呼ばれる、大幅なアップデートが行われました。その詳細はここでは割愛させていただきますが、

 

SEO対策をしていても、それだけに依存していると、このようなアップデートがあった際に影響を受けて、自分のWebサイトやブログの検索順位がガクンと下がってしまうような事態は考えられます。

 

そんな中でも強いのは「SNSからのアクセス」。SNSに固定のお客さんがたくさん居れば、常にそこから安定したアクセス数や収益を得ることが出来るでしょう。

 

その点「スワロー」は先を読んでいるワードプレステーマです。記事の一番下に「フォローボックス」というものが表示される仕様となっており、

FacebookやTwitterなどのフォローを促す「フォローボタン」が配置されているのです!(※『シェア』や『ツイート』のボタンではありません)このボタンを使って、

 

自分のSNSのフォロワーを増加させることが出来れば、今後Googleがどのようなアップデートを施そうとも、怖いものなし!?なのかもしれません。

 

「スワロー」で、他のブログとの「差別化」が図れる!?

何度か書いていますが、やはり「ストーク」は人気を集めているワードプレステーマです。また、2017年の後半にはテンプレート「サンゴ(SANGO)」もリリースされ、

 

こちらも発売直後から多数のブロガーに愛用されています。しかし、それゆえに、色々なブログを見ていてもどれも同じようなデザインに見えてしまい、

「何だかなぁ…」と思った人も居るのでは?

 

そんな中で、「他のWebサイトやブログとの差を付けたい!」と強く希望するあなたには「スワロー」を薦めたく思います。

 

他のWebサイトやブログとの差を付けたいかたはこちら

WordPressテーマ「スワロー」

 

「スワロー」より「ストーク」を使ったほうが良い場合とは?

さて、ここまで様々な「スワロー」の利点をご紹介してきましたが、それでも「スワロー」より「ストーク」を使ったほうが良い場合もあるのです。最後にそれだけ、記述させていただきたく思います。

 

・ヘッダーデザインをある程度自由に選択したい場合

・サイドバーの機能に重きを置きたい場合

・記事一覧のレイアウトで「マガジン型」を使いたい場合(『スワロー』にはマガジン型レイアウトが存在しません)

・カラーを細かく設定したい場合

・「スワロー」か「ストーク」か、で迷っている場合

・現在既に「ストーク」を利用している場合

別段これらに該当しない…というのであれば、「スワロー」は充分にオススメ出来る素敵なワードプレステーマです!

 

テーマを変えることで先に述べたような「他のブログと差をつける」ということも可能ですし、

 

「スワロー」を利用して、自分のサイトをシンプルに、読みやすいデザインに変えることで、人気度が変わってくるかもしれませんよ。

 

皆さんは自分の時間を使って1からワードプレスのデザインなどを作ったりしていませんか??実はその時間があるのだったらお金で買って時間短縮をするのもおすすめですよ!!

 

素人の方は、まずは形から入る方法も悪くないかと思います♪

 

以上、ワードプレステーマ「スワロー」の紹介をさせて頂きました。あなたがワードプレステーマを選ぶ際の参考に、少しでもなれれば幸いです!

 

詳しくはこちらを確認

ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」