はじめてらす第二講義開始!何を始めたらわからない方へ

はじめてらす第二講義開始しました!今自分が何を始めたらわからない方へおすすめです♪

 

はじめてらすとは??

はじめテラスとは、はじめて×テラスを繋げた造語です。

 

これから新しく挑戦したい方や、自分にとってはじめての出来事を仲間で、共有をしてこれからずっと机を囲んで一緒に食事などをする。

 

そんな関係になってもらいたいという意味からはじめテラスという名前にしました。

 

これがスタートで、これから先ずっと繋がれるメンバーを募集中です。

ただいま第0期生が勉強しています!!

皆さんまじめに講義を受けてくれていますねー♪♪

 

沢山意見も出たりしていて嬉しい限り♪

 

 

 

はじめてらすのゴール

はじめてらすのゴールは、自分のやりたい習慣を続けていくためのことを徹底しています!

 

習慣化させることで、やりたいことをしっかりと出来る環境を提供できるようにします!

 

 

前回のお話だと優先順位のことについてお話しました!!

1から順番に大切にするといい順番です!

① 自分

② 夫婦

③ 親子

④ 兄弟姉妹

⑤ パートナー(彼氏/彼女)

⑥ 友達

⑦ 仕事

⑧ 地域

⑨ 社会

 

この順番でやっていくことが、無理なく続けられることが出来ることです!

 

簡単に言えば、自分のことを大切にできていない方が、夫婦の問題などを解決するのにも時間がかかります。

 

家族の問題が解決していない方は、友人との問題を抱えている方が多いと言うこともあります!

 

司君の意見はこんな感じで↑↑↑

僕も似たこと書いていますので確認お願いします!!

自分の中にある【人にはないところ】これ出すだけで価値が変わる

 

 

このようなことを二宮先生は教えていただいています!

 

自分の樹を見直そう

僕が書くよりもきれいにまとめている、塾生のたけみさんのブログを紹介笑!!

こうやって得意分野をいかせる環境をどんどん作っていきたいですね♪♪

 

人はそれぞれ”自分の樹”を持っています。

その樹になっている実は

お金、地位、充実した生活、幸せな家族、大きい家、高い車、名誉、

などでしょうか?

通常 人はこれらの実をさらに大きくしようとし、ノウハウを学びだします。

しかし

根が強く太くなければ大きくなるのには限界があります。

逆に根が残っていれば、樹は何度でも復活することができます。

地位やお金などはいわば地面から上の”見えてる世界”

それよりも地面から下の”見えない世界”を意識することのほうが重要なのです。

では見えない世界とは?

それは心!!

心を鍛えて育てるのが重要なのです。

心のパワーを侮ることなかれ。

心が豊かな人はコミュニケーション能力がとても高いのです。

好きな人と喋るとき心はワクワクしていませんか?

私は結構緊張してしまいますが・・・・

心がワクワクすると笑顔になる

笑顔になればコミュニケーションがうまくいく。

ということです。

はじめてらす 本講義1-② コミュニケーションについて

 

 

コミュニケーション3大原則

1. コミュニケーション能力は自分の心の状態に大きく左右される
2. 自分と全く同じ価値観の人はいない
3. 強制されたことはやらない。やったとしても形だけになる。

1.

自分の置かれている心理状況によってコミュニケーションの出来はぐんと変わります。

なんかイライラしている時にはつい相手にきつく当たったり反発したりがちです。
それでは円滑なコミュニケーションをとるのは難しいですよね。

それは心がマイナスの状態にあるからです。

逆にワクワクするような状態ではコミュニケーションはうまくいきがちですよね。
それは心がプラスの状態にあるからです。

常に心がプラスの状態でいたいですね。

2.
自分が好きなことが相手も好きだとは限りません。
むしろそうでない場合のほうが多いでしょう。

だからと言って相手を否定して自分の好きなものを押し付けてしまっては、相手は嫌な気持ちになるでしょうね。

その結果、同じ価値観を持つ人たちでグループを作り、違う価値観のグループを”敵”とみなしてしまいます。

わざわざ嫌なことを作り出して楽しいですか?

それだったら相手の価値観も尊重して受け入れてしまいましょう。

その上で自分の思いを伝えれば万事OKです。

3.
特に部下や子供がいる人に多い傾向です。

自分の子供時代を思い出してみると分かると思いますが、親に「勉強しなさい」と言われて喜んで勉強しましたか?

むしろ「今やろうと思ってたのに!」とやる気を失くしたと思います。
少なくとも私はそうでした。

押し付けると子供は反発してしまいます。

そして仕事で上司が部下に「~させる」という言い方は前から大嫌いで、この話は大変共感しました。

仕事で上司が「彼に~させるから」と言っている横で「それは違うだろ」と心の中で思ってきました。

私は部下と上司は GIVE & TAKE の平等であると思っています。

なので「~させる」という表現は上司から部下への一方的な圧力であり、強制です。

もちろん仕事なのでやってもらわなくては困るのです。
でもどうせやるならお互い楽しいほうがいいですよね?

だから私は仕事を頼むときは 「~してもらう」という表現を心がけてきました。
そこには 「依頼」とともに「感謝」の気持ちも込められているからです。

「~させる」という表現には命令のみの感情しか込められていません。

http://blog.livedoor.jp/kitutukisuzuki-blog/archives/6247875.html

 

振り子の法則

ご存知のとおり 振り子は同じ距離だけ進み同じ距離だけ戻りますね。

これを会話に例えると

左に振れた分を 「相手の話を聴く」(インプット)
右に振れた分を 「自分の話をする」(アウトプット)

とすると

会話の基本は とにかく 「聴く」 が重要!!

なので単純に言えば

聞いた分だけ話すことができる

ということです。

相手の話を聴けば聴くほどインプットの振れ幅が大きくなって、
アウトプットの振れ幅も同じ分大きくなる。

そうすると

自分の気持ちも伝えることができやすくなりコミュニケーションがうまくいく

自分の話ばかりしてくる人は嫌ですよね?

そんな人には何も話したくなくなります。

頭では分かっていても ついついしゃべりたくなってしまうのが人間。

そこはぐっとこらえて相手の話をとにかく聴くようにしましょう。

と自分に言い聞かせてます。

 

脳の構造から知るコミュニケーション

”男性脳” と ”女性脳” の違いをしっていますか?

男性脳は 結果 問題解決 一点集中
女性脳は 経過 問題共感 一度に複数

という特性があるそうです。

どういうことかと言うと、

デートに行ったとしても

男性は ”デートに行った” という結果のみが記憶に残り
女性は ”デートで乗った乗り物や訪れた場所、話した会話” という途中経過をよく覚えている。

なので、写真を見ながら女性が旅の思い出を語っても男性は途中のことなど思い出せないことが多いのです。

そういえば私も以前当時つきあっていた彼女と旅行をして行った寿司屋のことを全く覚えていなくて、
キレられた思い出があります。

また男性が問題を解決したがるのに比べて女性はとにかく気持ちを共感してほしいという思いが強いそうです。

男性が女性の結論を出さない話に辟易して、「結局何が言いたいの?」と聞くのは最大のNGです。

女性はただ気持ちを聴いてほしいだけなので・・・

そして女性は昔から子育てをしながら家事を担ってきたせいか、ワーキングメモリーと呼ばれる同時処理能力が男性より優れています。

男性は狩りに出かけるととにかく獲物を捕らえるために一点集中しなくてはいけない。

そんなところから男性脳女性脳の差が出てきたのかと思われます。

毎朝奥さんの話を頷きながら新聞を読んでいる旦那さん。
実は全然聞いていませんよね?

だから奥さんに「いつも話を聞いてくれない!」と怒られてしまうんです。

でも大丈夫!

新聞を読みながら話を聴くのは男性には苦手なことなんです。

はじめてらす 本講義 1-③ エゴグラム性格診断とコミュニケーション

 

いやー!!!

たけみさんのブログのアウトプットのすごさがわかりますね!!

 

これからは僕が説明するよりも、たけみさんのブログをみしたほうが早そうだなー笑

 

 

ちなみに僕の講座ではこのようなことを紹介します!!

セルフブランディング講座!みんな自分の名前にブランドつけませんか??

こういうのに興味ある人も募集してますよー!!!

 

うらてらす笑

はじめてらすの懇親会(うらてらす)では、なかなか公の場では話さないことを聞ける場所もそろえています。

 

うらてらすの会話を少しばかり紹介!!

 

ただたんに学ぶだけではなく、参加してくれた人が繋がれて、すぐに活躍できる場をどんどん提供できるような環境を作っていきたいと感じています!

 

 

そのためにやれることをどんどん増やしていきます!!!

 

 

もう少しで第1期募集も開始しますので、興味ある方はぜひご連絡お願いします!!!

 

興味ある方はこちらにご連絡お待ちしています♪♪

↓↓↓

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文